エントリーフォーム
勝本 和佐
 

勝本 和佐サービスエンジニア(中央店) 2019年入社

レースで仲間とのつながりを深めながら、お客さまから信頼されるサービスエンジニアに。

お客さまとのやりとり 6時間耐久レースでの様子

「Netz Cup Vitz Race」が入社の決め手。僕も、エンジニアとして参戦します。

幼少の頃から車が大好きで、整備士を目指してトヨタ名古屋自動車大学校に進みました。この会社に入る決め手になったのは、「Netz Cup Vitz Race」に参戦していることです。公道を走るナンバー付のヴィッツで本格的なレースをするもので、会社では希望すれば誰でも参加でき、未経験者を優先して出してくれるんです。今度の6時間耐久レースでは、僕もエンジニアとして初めて参戦します。実は、学生時代にもヴィッツレースクラブで「Netz Cup Vitz Race」にメカニックとして参加したことがあり、そのときは6時間耐久レースで3位に入賞 しました。レース用車両は本店にあり、仕事の後に駆けつけて整備のお手伝いをさせてもらっています。クラブ活動みたいな感じで 、すごく楽しいです。仕事以外でも社員同士のつながりがあるのっていいですね。

やっばり根本には、お客さまから信頼されて、「ありがとう」と言ってもらえるような整備士になりたいという思いがあります。最近は車も複雑になってきているので、お客さまに最先端の安全機能なども説明できるよう、これからもっと勉強していきたいです。「Netz Cup Vitz Race」では、いつかドライバーとしても参加してみたいと思っています。

ひとつひとつの作業に責任をもち、お客さまに喜んでもらえる仕事をする。

入社してから1ヵ月間新人研修を受け、現場に配属されました。今は、車検班の一員として仕事をしています。まだ1年目でわからないことや不慣れなことが大半なんですが、ひとつひとつの作業に責任をもって取り組んでいます。
入社するまで、整備士は黙々と作業する職人みたいな仕事だと思っていましたが、実際はお客さまと話す機会がたくさんあります。話すのは得意じゃないので最初は不安でしたが、少しずつ上手く会話できるようになりました。お客さまから「ここを見てほしい」とか、「操作を教えてほしい」と言われたときは、しっかり調べて解決するようにしています。お客さまに喜んでいただき、「ありがとう」と言ってもらえるとやりがいを感じますし、心に残りますね。
まだまだ自分では仕事をうまくまわせないのですが、ゆくゆくは全体を見て困っている仲間がいたらサポートするなど、周りのことにも気を配れるようになりたいです。

笑顔の種
わたしの笑顔の種『自然に還る、廃道&廃トンネル!』

廃道とか廃トンネルが、癒やしの場所です。人工物が自然に還っていく姿が、まるでジブリの世界みたいで魅力的なんです。写真は、九頭竜湖のほとりにある影路隧道です。3〜4年前にネットで見かけて車で行ってみたんですけど、秋は紅葉、春は桜と一緒に使われなくなったトンネルが見えて、すごくきれいなんですよ。

LINEお気軽にご質問ください!